術後


ご家族へ手術終了の報告と、術後管理のご説明をいたします。
術後のスムーズな機能回復のために、治療だけでなく、栄養管理、リハビリテーションを取り入れた管理を行います。
術後は、一時的に様々な体の機能が低下します。できるだけ早期に、いつも通りの生活に復帰できるよう、専門のスタッフが適切な管理とサポートをいたします。


術後管理

手術後は必要に応じて、持続点滴や、抗生剤や鎮痛薬の投与を行います。状態によっては、ICUにて保温や酸素吸入を行い、緊急の場合に備えます。
また、手術の内容や動物の回復具合により、入院が必要となります。 動物にかかるストレスを考え、入院期間は極力短くしたいと考えておりますが、ご自宅でのケアをご心配される場合には、オーナー様とご相談のうえで入院期間を決定します。


手術後の注意点

  • 手術後は、ペットは弱ったりぐったりしたりしています。興奮させすぎないように気をつけてください。
  • 動物病院から帰る際は、さらに怪我をしないように、リードでつなぐかキャリーケースに入れて連れて帰りましょう。
  • 帰宅後は、ペットが落ち着いて回復し始めるまで、与える食事と水は少量にしてください。食事や水を与えすぎると、腹痛や嘔吐を起こすことがあります。
  • 術後の食事として特別食が処方された場合は、その指示に従ってください。
  • 運動を制限してください。階段の上り下りをしたり、飛んだり走ったりすると、縫合箇所が開いたり、吐き気を起こしたりすることがあります。
  • 寝床は清潔に暖かくし、すきま風が入らないようにしてください。
  • 獣医師から回復期に投与する薬が処方された場合は、ラベルの指示に従って投与してください。
  • 手術後1週間程度で切開箇所のチェックをし、縫合箇所の抜糸は通常、手術の10日~2週間後に行います。切開箇所付近に赤み、腫れ、膿がないか、毎日確認してください。炎症などが見られたら、すぐに獣医師に連絡してください。
  • ペットが傷口を舐めたり、かじったりすることがないようにしてください。それが難しい場合は、首に「エリザベスカラー」を着けて、物理的に舐めたりかじったりできなくする方法もあります。


病院情報

ノヤ動物病院
TEL:042-985-4328
FAX:042-985-4320
〒350-1234
埼玉県日高市上鹿山143-19

アクセスマップ